• APCのウェブサイト。APCは、押出成形モール加工に特化した女性輝きカンパニー。

    株式会社エーピーシィのWEB工場見学へようこそ!

    このページでは、当社の製造工程やその他工場風景などをご覧になることができます。

    ▼事業内容

    当社は押出成形メーカーの”後加工工程の外注化ニーズ”を集め、押出成形素材に後加工を行うことで自動車用プラスチック製外装モール部品を製造する専門メーカーです。押出成形は大量生産向きの技術ですが、押出成形品それだけでは、車両には組み付きません。車両に組み付くよう加工を施すことが必要です。但し、後加工は手加工主体で労働集約的である為、後加工の外注化ニーズが生まれます。当社は押出成形メーカーの後加工の外注化ニーズを集めて事業化しています。

    上図は、当社の取り扱っている部品の一例です。

    市場ニーズとして、外装の加飾性や社内の静粛性が高まっており、外装モールやシール材としてのモールはこれらの実現に貢献しています。世界的な自動車の市場拡大に合わせ、モール市場の将来的な市場も拡大見込みです。

     

    ▼工場見学

    それでは、いよいよ工場の内部に入っていきましょう。

     

    押出成形素材受け入れ・投入

    押出成形メーカー(取引先)から、押出成形素材を当社の素材倉庫に受け入れます。

    フォークリフト担当者は、生産に必要な量の押出成形素材をピックアップし、生産ラインに投入します。

     

    ▼生産ライン

    生産ラインでは、押出成形素材を以下のようなプロセスを経て加工し、車両に組付くようにします。

    プライマー塗布
    両面テープ貼り面の下地として、プライマー塗布を行い、テープとモールのとの化学的結合を促進します。
    両面テープ貼付
    専用の治具をつかって、押出成形素材に工業用両面テープを貼り付けます。
    射出成形
    仕掛品の端末を射出成形機の金型に挿入し、端末部を成形します。
    検査・梱包
    製品の寸法や外観等を検査し、通箱に梱包します。

     

    完成品運搬

    製品が完成したら、フォークリフト担当者は、完成品を出荷倉庫に運搬します。出荷担当者は、荷揃えし、出荷の準備をします。

     

    段取り替え

    必要な量をつくり終えたら、段取り替えを行います。

    段取り替えでは、金型、治工具、材料の交換や成形条件の変更を行います。

    段替えした金型等は其々のストア(置き場)にきちんと識別して保管します。

     

    ■その他工場風景

    食堂

     

    食堂は、昼休憩を快適に過ごせるよう工夫しています。

    冷蔵庫や温蔵庫(自分が持ってきたお弁当を温かいままの状態で保管できるもの)、電子レンジ、電気ポット、テレビが備え付けられています。

    全体的なミーティングや、取引先との会議もここで行われます。

     

    休憩スペース

    休憩スペースは個人ロッカーがある他、自動販売機が利用できます。

    タイムカードや欠勤届などの処理もここで行います。

    休憩スペースを含め、2018年末より屋内全面禁煙になりました。